Wonderful Life を本の隣で

オススメの本を紹介していきます!本って何読めばいいのという方、是非ご覧ください!

賢者の書(喜多川泰)

こんにちは!川五郎です。

 

賢者の書(新装版)

賢者の書(新装版)

 

 

 

本日は僕の好きな渋い1冊

紹介します!

 

ちなみに僕の父も一押しの本です。

 

それは『賢者の書』喜多川泰)です。

カテゴリーとしては、

自己啓発本に入ります。

 

物語はイード(少年)が

何も書かれていない賢者の書

おじいちゃんから

受け取るところから始まります。

 

賢者の書には賢者に会うと

もらえるピースをはめることで

文字が記されていきます。

 

イードの賢者の書を完成させる旅が

14歳の誕生日に

始まりました。

 

イードはこの旅で

9人の賢者に会い、

人生の「ビジョン」を

完成させることになります。

 

(人生の指針のようなものです。)

 

僕は第一の賢者の教えを

初めて読んだ時、

 

心が突き動かされたため

紹介させていただきます。

 

第一の賢者は『アクト』と呼ばれる、

行動の賢者です。

 

彼の教えは、このようなものです。

 

「行動の結果として我々が手に入れるものは、

 成功でもなければ、

 失敗でもない」

 

「我々が手に入れるものは、

 一枚の絵を完成させるために

 必要不可欠な、

 パズルの1ピースに過ぎない」

 

「であるから、

 行動を起こす時に何かを期待したり、

 失敗することを恐れたりすることには

 何の意味もない」

 

つまり、賢者は

より多くのピースを集め、

完成する絵を

色鮮やかな巨大な絵にしよう

 

ってことが言いたいのです。

 

失敗や恥を恐れて

何かから逃げたくなる自分に

勇気を与えてくれました。

 

僕が70、80歳になった時

あの行動があったから、

今の自分があるんだ

って思えるようになりたいですね

 

何もしないのは簡単。

「あいつってアクションの塊だよな」

って言われたいと

思ってます笑。

 

「完成した絵を見れば、

 大事な経験であったと気がつくはずだ」

 

第一の賢者に感謝してます。

 

他の賢者の教えの中に

第3の賢者「自尊心と他尊心

第6の賢者「時間の投資」など

 

考え方を変えてくれる教えは

幾重にもありますが、

本日はこれだけにしておきます。

 

この本を何回も読み返してました。

 

本って本当にいいですよ。

自分の中に増えていく考え方、

知識が何か幅を広げてくれるような感じです。

 

何千冊も読んでいるわけではないので、

「20にもなっとらん若造が

何偉そうに言っとんじゃ」

と言われるかもしれませんが

 

僕にだって分かります。

本は人を変えてくれます。

 

小説でもビギネス書でも

何でも構わないから

本を読んでほしいです。

 

最後は、僕からの願いでした。

 

『賢者の書』が気になった方は

ぜひ手にとってみてください。

 

喜多川泰さんの本は

どれも心に響くものばかりなので

他の本も読んでいただけると

嬉しいです。

 

では、失礼します。

 

賢者の書(新装版)

賢者の書(新装版)

 

 

 

君と会えたから・・・

君と会えたから・・・

 

 

 

「手紙屋」

「手紙屋」